スポンサーリンク
2014年01月21日

「イニシエーションラブ」乾くるみ 〜 ラストは、しばらく何が起こったか分からない!

しばらく更新できてませんでした。
さぼっておりました笑
ですが、その間もいっぱい小説読んで、ネタ貯め込んでおりました。
このブログは、私が読んで本当におすすめできる小説を厳選して、感想を書くようにしようと思います。そこはこだわります!


「イニシエーションラブ」
作者:乾くるみ
ミステリー好きの間では評判の小説でしたので、読んでみました。


<感想(ネタバレなし)>
この小説の評判を見ている限りでは、最後の最後に
「えっ!?」
と思わず言ってしまうような、どんでん返しがあるようです。
今まで読んでた世界が、信じていたものが、見事に崩れると。

・・それは楽しみ!

つまりミスリードがとても上手になされているはずです。

それをしっかり頭に叩き込んで、どこでどんでん返しが来るか・・
疑い疑い・・読んでいきました笑

ミステリっていう読み方をするつもりでしたが、恋愛小説って、意外にというか、なんかいいですね。
ときめき、青春って、なんか心が癒されるといいますか、読んでて楽しくなりますね。
好きになった人と、
まだ付き合ってないとき、
会う約束取れた時の、この・・期待感!
甘酸っぱいって表現は、私はあまり好きではないのですが、
この小説の感じは好きです。

恋愛がうまく行って、ちょっと気持ちがすれ違ったりしてもどかしくなってきたりと、私は主人公の男の子に、思いっきり感情移入して読んでましたので、楽しくどんどん読めました。

またうまくのめり込むように展開してくれる小説だな〜とも感じてました。

面白い小説って、読みやすいものは、多少長くてもホント1日で読み終わってしまいますが、この小説もそうです。結構あっというまに読み終わりました。

<さらに感想(当たり障り無い程度でネタバレ)>
結末の内容は話せません!笑
私は小説読み終わって、
「えっ!?」
って言ったのは、この「イニシエーションラブ」が初めてです。
読後、ラストに何が起こったかしばらく分からないです。

絶対にもう1回読みたくなります。
もう1回読むときは、ポイントがあります。
主人公の男の子(たっくん)の気持ちは小説に書いてますが、女の子(マユ)がどんな気持ちで、たっくんのことを思っているかは書いてません。
そこを考えながら読むと、おもしろさ倍増でしょう!

他の方のブログには、マユから見た視点で、物語の展開を追っているのがありまして、そういう視点でみると、甘酸っぱい気持ちで読んでた世界が、見事に崩れていきます!

ミステリーです。
面白かった!
皆さんも見事に騙されてみてください。
乾くるみさんに!



2014/3/13追記
2014/3/3「しゃべくり007」で有田さんが紹介したみたいですね。
http://twicolle.jp/user/yonepo665/6026c670f8223de0e842
「イニシエーションラブ」が再びブームになりそうですね!


BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by トヨッコ at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乾くるみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。