スポンサーリンク
2014年04月22日

「ブルーマーダー」誉田哲也〜ストロベリーナイトのような猟奇殺人者が再び!

「ストロベリーナイト」のあの衝撃的な描写が忘れられない方は必見です!
シリーズ第5弾は、あぜんとするような猟奇殺人鬼が登場します。

「ソウルケイジ」「シンメトリー」など、「ストロベリーナイト」に比べると、過激な描写も少なく、むしろ「いい話」が続いていたのですが、
「もうあの衝撃は味わえないのかなあ・・」
なんて思いながら、シリーズ全作をきっちり読もうくらいのテンションで読みましたが、

「おお!きたきたきたー(゚∀゚)」

と衝撃描写に、久しぶりにテンションが上がります!



「ブルーマーダー」
作者:誉田哲也

あらすじ

「あなた、ブルーマーダーを知ってる?この街を牛耳っている、怪物のことよ。」姫川玲子。常に彼女とともに捜査にあたっていた菊田和男。『インビジブルレイン』で玲子とコンビを組んだベテラン刑事下井。そして、悪徳脱法刑事ガンテツ。謎めいた連続殺人事件。殺意は、刑事たちにも牙をむきはじめる。

感想(ネタバレなし)


今回は、ミステリーというよりアクション!?

ミステリーの要素ももちろんあります!
姫川も相変わらず、冴えていて、犯人の思考を深く読み、事件の真相にいち早く近づいていきます!
その事件に迫っていく、描写はとても、テンポが良く、読んでいて気持ちいい小説です。

いいですね〜このテンポ感。
このシリーズは本当に読みやすいです。

で、今回の犯人、「ブルーマーダー」。
殺害の仕方が、ハンパじゃない。

警察の方々が皆、
「どうやって死体があんな姿になっているのか」
解明できないでいます。

常軌を逸する殺され方は。。。
これは読んでみる方のお楽しみに。

殺害に使われる犯人の凶器が、事件の真相に大きく関わって行くので、
感想はここまでにしておきます。



あと前作、「インビジブルレイン」の続きになってまして、姫川は捜査一課から外されてます。
池袋署刑事課強行犯捜査係係長 警部補。
捜査一課から外されていても、殺人事件のメインで捜査ってするんだなあ〜
と警察の仕組みがイマイチ理解できないで読んでいました。
前作をまだ読んでない方は、「インビジブルレイン」を読んでからにした方がいいと思います!







スポンサーリンク



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by トヨッコ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。