スポンサーリンク
2014年03月26日

「聖女の救済」東野圭吾〜ハッキリ言って、解けるわけがない!ガリレオ最大の謎解き。

「ありえない!?」
「現象にはかならず理由がある」

といつものガリレオなら言いそうでしが、今回はさすがのガリレオも
「そんなことはありえない」
と思わず自分で言ってしまう推理でした。

そして、私は、全くその推理にたどり着かなかった。
こんなの解けるわけがない!
でも素晴らしく、よくできた謎でした!



「聖女の救済」
作者:東野圭吾

概要

『聖女の救済』(せいじょのきゅうさい)は、東野圭吾の推理小説。ガリレオシリーズ第5弾で、ガリレオシリーズ2作目の長編作品である。2006年から文芸誌『オール讀物』に連載され、2008年10月24日に文藝春秋より、短編小説集『ガリレオの苦悩』と同時に出版された。2012年4月10日には文春文庫より文庫版が発売された。
2013年6月17日、24日にテレビドラマ『ガリレオ』第2シリーズの最終章で、「聖女の救済 前後編」として2週にわたり映像化されている。
wikiより

あらすじ

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。


感想(ネタバレなし)

犯人が分かっていて、謎が分からない。
そう、ただの謎解きなのです。
なのに、なんでこんなに面白いんでしょう!

普通のミステリーだったら、犯人が分からなくて、どんでん返しがあって。
と展開があるのですが、この作品はひとつの事件の謎解きです。

それでも、それぞれの登場人物の思いが、シンプルな話を奥深いものにしてくれてます。
キャラクターがしっかりしてますよね〜東野圭吾さんの作品は。

謎を解くガリレオ(湯川)。やはり天才!
素晴らしい洞察力。ありえない発想!
答えを想定し、きちんと理論立てて、犯行の手口を考え、謎を解いていきます。
そしてたどり着いた答えは、「虚数解」。
何?虚数解って?

もし読んでいて、この答えにたどり着いたあなた!
天才です!

そして物語を面白くしてくれているのは、草薙刑事が犯人に恋してしまうという、なんともこれまたありえないことです(笑)
おかげで、ガリレオが謎解きするのを、草薙刑事が少し抵抗してしまったりして・・。
こんな人間らしいやりとりもあるので、物語の読み進められるのが楽しくなります。

1日で読めます!
それくらい面白いです。



タグ:東野圭吾



スポンサーリンク



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by トヨッコ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。