スポンサーリンク
2014年02月26日

「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介 〜 読んでいて気づかなかった真実が見えた時の恐怖

世界観が最後に崩れるというのは、こういう小説をいうのだと思います。

もしかして・・と思いながら、想像が及ばなかった、
そんなはずがあるわけない、と信じられなかった

そういうラストがあるミステリ小説が好きな人はぜひ読んでみてください。


「向日葵の咲かない夏」
作者:道尾秀介

「向日葵の咲かない夏」作品概要 wikipeiaより

第6回本格ミステリ大賞候補となった。
作者は『野性時代』(角川書店)2009年3月号でのインタビューで、本作が読者から、“物語が陰惨”、“登場人物が可哀想すぎる”などと評されたことを明かしている。
リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の容疑者の身柄確保時に、鞄の中に同書の文庫版が入っていたと見られることが報道された(週刊新潮2009年11月26日号)。

あらすじ

小学校の一学期の終業式の日、欠席したS君にプリントを届けるためにS君の家を訪れたミチオ。声をかけても応答がなく、中に入ってみると、S君は首を吊って死んでいた。急いで学校に戻り、担任の岩村先生に伝え、ミチオは一旦家に帰される。その後、岩村先生と2人の刑事が家に来るが、ミチオにもたらされたのは、“Sの死体なんてなかった”という知らせだった。「嘘じゃない、確かにS君の死体を見た」と懸命に主張し、結局行方不明事件として捜査されることとなった。それから1週間後、ミチオの前にS君があるものに姿を変えて現れ、“自分は殺されたんだ”と訴える。ミチオは妹のミカと共に、S君を殺した犯人を探すこととなる。

感想(ネタバレなし)


まず、物語全体に、なんとも言えない不気味な雰囲気があります。
なんでしょう。。ホラーという感じでもないのですが、温かい物語という雰囲気では、間違いなくないです。
サスペンスに近いような。
主人公のミチオは子供であるがため、一般的なミステリー小説にあるような、謎解きについても、大人ならばもう少し理論的にスムーズに進むのでしょうが、子供ならでは感覚で進んでいきます。
子供の視点で物語が進むというのも、少し違和感がありながらも、すばらしい文章力で、ぐいぐい物語に引き込まれていきます。
そして、物語全体に感じる違和感が、ラストに解き明かされていくのですが、そのトリックは、全く想像がつかないものになってます。

私は
「このトリックわかった人いたら天才!」
だと思います。


また、『大人の考えが及ばないようなことを、子供の感性っていうのはあるんだなあ。』とつくづく感じる作品です。
道尾秀介さんは、直木賞受賞の『月と蟹』でも、「子供の目線で書く事」にこだわっているようでした。
そうすると、当たり前と思っていたルールも、当たり前でなくなる。
すごい発想です!

インタビュー記事より引用
新刊.jpより

―道尾さんの代表作でもある『向日葵の咲かない夏』も主人公が子どもです。道尾さんの書く“子ども”は無邪気な一方ですごく繊細で残酷的であるという、人間の普遍的な部分が描かれているように思うのですが、道尾さんは“子ども”を書くということについてどうお考えですか?

-道尾氏
「先ほど言いましたが、子どもを主人公にすると普遍的なものを書ける可能性が高まります。また、大人を主人公にするのと、子どもを主人公にする、どちらが難しいかと言うと、子どもの方が圧倒的に難しいんです。使える語彙も限られてきますし、大人だと性格というのがしっかりしているので、動かしやすいんですが、小説に出てくる子どもはしっかりと描写しないとすぐに齟齬が出てしまう。でも僕は作家なので、難しいことと簡単なこと、どっちをやりたいか聞かれたら難しいことやりたい。出来たときに得るものが格段に大きいですから。そういうのも、子どもを描く理由の1つでした」

☆ ☆

うーん。さすがです!^^
ぜひ読んでみてください。




タグ:道尾秀介



スポンサーリンク



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by トヨッコ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道尾秀介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。