スポンサーリンク
2013年02月08日

「カラスの親指」 道尾秀介 〜 鮮やかで大胆な展開がワクワクします!

「月の恋人」っていう月9のドラマご存知ですか。
キムタクが主演だったのですが。。
私は見たことがありません笑

で。
その原作を書いていたのが、道尾秀介さんでした。
これは、この本を読んでから知ったことでした。
道尾秀介さんの小説にハマってしまったのも、この小説が初めてです。
「カラスの親指」
<感想> 差支えない程度にネタバレに触れてます

日本推理作家協会賞を受賞という帯を見て、買って読んでみたのですが、
私は、このストーリーの人情的なところに、えらく感動してしまい、
涙しました。
最近は映画化もされてますね。
映画を見ている方のブログも見てみました。
http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/11/25/6642557
私は映画はまだでして、原作を先に読んだのですが、
原作を先に読んだ方が、おすすめです!
(見てないのに言うなという方もいますが・・)
最後の方で、「まさか!?」というどんでん返しがあるからです。

でも、そのどんでん返しも、主人公のために仕組まれたものだった
と思うと、騙された衝撃よりは、これはやっぱり
「感動」の方が大きいです。
こういう小説大好きです。





スポンサーリンク



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by トヨッコ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 道尾秀介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』 道尾秀介
Excerpt: 「道尾秀介」の長篇ミステリ作品『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』を読みました。 [カラスの親指 by rule of CROW’s thumb] 『シャドウ』、『片眼の..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2014-11-25 23:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。